Irish Music Workshop & Pub Session:アイルランド音楽ワークショップ+セッション

20090725irishmusic.gif

日時
2009年7月25日(土)
ワークショップ:15:00-17:00
パブ+セッション:17:30-20:00
場所
松江市国際交流会館 1階 イベントホール(松江市西川津町3405-5) [Google Maps]
講師
ティン・ホイッスル:マリー・マッギル(松江市立湖東中学校ALT)
フィドル:ティム・オケイン(鳥取大学医学部医療英語講師)
ギター:アダム・クック(松江市国際交流員)
キョール・アガス・クラック(松江を拠点に活動するティン・ホイッスル・バンド)
主催
山陰日本アイルランド協会

財団法人松江市国際交流協会補助金事業

奏でるヨロコビ、集うタノシミ……。 一夜限りのアイリッシュ・パブで体感しよう。

アイリッシュ・パブで夜な夜な繰り広げられるセッション……ミュージシャンたちは、人に聴かせるためではなく、自分たちが楽しむために音楽を奏でます。

そんなセッションを聴きたくて、パブには多くの人が集まります。
パブという公共の場で、アイルランドの音楽は育まれているのです。

本格的な夏の幕開けに、アイリッシュ・パブのセッションを松江で再現します。演奏したい人も、音楽と食事を堪能したい人も、みんな集まれ。

プログラム

15:00-15:30 イントロダクション

アイルランドの伝統音楽やセッションについてのお話。課題曲の一部を講師陣が演奏します。

15:30-17:00 グループセッション〈練習〉
コース
  • ティン・ホイッスル (tin whistle)
  • フィドル (fiddle)
  • ギター (guitar)
  • ティン・ホイッスルをお持ちでない方には貸し出します。
  • フィドルとギターは経験者のみ対象。楽器をお持ちの方は各自ご用意ください。お持ちでない場合はご相談ください。
課題曲
  • Boys of Bluehill (tin whistle, fiddle, guitar)
  • Harvest Home (tin whistle, fiddle, guitar)
  • Haste to the Wedding (fiddle)
  • My Darling Asleep (fiddle)
  • Tripping Up the Stairs (fiddle)
  • Kesh (tin whistle)
  • Irish Washerwoman (tin whistle)
  • John Ryan’s (tin whistle)
  • Spanish Lady (guitar)
  • Dirty Old Town (The Pogues) (guitar)
17:30-20:00 パブ+セッション

一夜限りのアイリッシュ・パブ、 The Shamrock(シャムロック)でセッションに挑戦。ワークショップ参加者と講師陣による演奏と、おいしい食事とお酒を満喫してください。

講師

マリー・マッギル(ティン・ホイッスル)

Marie McGill (tin whistle)
松江市立湖東中学校ALT/北アイルランド、バリーカッスル出身

6歳でティン・ホイッスルを始め、そのうちアイリッシュ・フルートも演奏するようになった。14歳までの約8年間アイルランド伝統音楽のクラブに通い、演奏活動を楽しんだ。2006年夏来松。山陰日本アイルランド協会のティン・ホイッスル講座では講師を務める。One for the Road、Ceol agus Craicを結成し、各地で演奏活動を行う。今夏、ALTの任期を終えて帰国予定。

ティム・オケイン(フィドル)

Tim Ó Céin (fiddle)
鳥取大学医学部医療英語講師/アメリカ、ウェスト・ヴァージニア州出身
本名ティモシー・ルイス・ウィルシャー(Timothy Lewis Wiltshire)。曾祖父がアイルランド人で、幼少時からアイルランド音楽に親しんできたが、自ら演奏し始めたのは最近。One for the Road、Ceol agus Craicに参加している。

アダム・クック(ギター)

Adam Cooke (guitar)
松江市国際交流員/アイルランド、ティペラリー州出身

北京オリンピック選手団やアイルランド大使の通訳など松江市とアイルランドとの友好に尽力している。One for the Road、Ceol agus Craicの唯一のギタリストとして、各地で演奏活動を行う。

キョール・アガス・クラック

Ceol agus Craic
松江を拠点に活動するティン・ホイッスル・バンド

2007年、セント・パトリックス・デイ・パレード in Matsue参加のため、マリー・マッギルを中心に山陰日本アイルランド協会有志で結成。バンド名は駐日アイルランド大使B・スキャネル氏の命名。約10名のメンバーに、ピアノ、フィドル、ギターを加え、月2回の練習と月1回のセッションを楽しむ。

参加方法

料金
ワークショップ参加費:500円無料 ※変更しました
パブのフードチケット:1,000円(要申込/ドリンクは別料金)
※料金は、当日受付にてお支払いください。
参加申込締切
7月17日(金)7月20日(月) ※変更しました
参加申込・お問い合わせ先
山陰日本アイルランド協会
郵便番号690-0044 島根県松江市浜乃木7-24-2
島根県立大学短期大学部松江キャンパス 小泉研究室
tel & fax: 0852-20-0207
携帯電話: 090-4109-5542
e-mail:

アクセス

大きな地図で見る

  • JR松江駅から自動車で約10分
  • 市営バス 「国際交流会館前」 下車
  • ※イベント終了予定時刻 (20:00) 以降のバスはありませんので、あらかじめご了承ください。
お帰りの際に自動車を運転される方の飲酒はお断りいたします。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。