イベントカレンダー

1
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 1 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
Irish Music Session 7:00 PM
Irish Music Session @ ホテルクヌート松江駅前
9月 1 @ 7:00 PM – 10:00 PM
 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
松江怪談談義5(松江怪喜宴4) 7:30 PM
松江怪談談義5(松江怪喜宴4) @ 松江歴史館
9月 1 @ 7:30 PM – 9:30 PM
日本が世界に誇る「怪談」という文化、世界が注目した日本の「KWAIDAN」が持つ精神性。それらはすべて小泉八雲から始まったといっても過言ではありません。小泉八雲が愛した松江で、私たちは2013年「怪談のふるさと松江」を宣言し、小泉八雲の視点を再発見する旅の第5回目を開催致します。語り部は小泉八雲の曾孫「怪談四代記」著者 小泉凡と、現代怪談の旗手にして怪異蒐集家「新耳袋」著者 木原浩勝。「怪談のふるさと松江」で5年目の開催となる今年はどんな発見があるのか?エンターテインメントとしての怪談を交えながら皆様と共に楽しんでまいりたいと思います。 ◆日時 2017年9月1日(金)19:30-21:30(受付19:00-) ◆会場 松江歴史館(島根県松江市殿町279) ◆出演 小泉凡(民俗学者、執筆家) 木原浩勝(怪異蒐集家 、『新耳袋』著者) ◆料金 前売2,000円、当日2,500円 ◆定員 80名 ◆チケット取扱 ・松江市総合文化センター プラバホール:窓口、電話、インターネット ・プレイガイド: [松江市]島根県民会館チケットコーナー、井上楽器店、タカキ楽器店、今井書店グループセンター店スタジオワンダー、 [出雲市]今井書店出雲店、大島屋楽器店 [米子市]アルテプラザ(米子しんまち天満屋4階)、らぱん ◆問い合わせ先 松江怪喜宴実行委員会(松江市観光文化課内) 電話:0852-55-5214 ◆詳しい情報 https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/events/201701-12/201709/matsue_kaikien.html共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
2
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 2 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) 6:30 PM
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) @ 洞光寺
9月 2 @ 6:30 PM
声優で松江観光大使の茶風林氏が企画演出する怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会。東京公演はチケット販売 開始と同時に完売する大人気イベントで、地方公演は「怪談のふるさと松江」でのみ開催されています。 キャストにはアニメや映画の吹き替えで活躍中の6名の人気声優が集い、最高の声と演技で皆様にお届けします。 今年のお酒は、地元松江の王祿酒造の日本酒。美味しい日本酒とおつまみと共に木原怪談・小泉八雲の世界をお楽しみ ください。 ◆日時 2017年9月2日(土) 第1回18:30(受付18:00-) 2017年9月3日(日) 第2回13:00(受付12:30-) 第3回18:30(受付18:00-) ◆会場 洞光寺(島根県松江市新町832) ◆企画・演出 茶風林 ◆出演 茶風林、伊藤美紀、鶴岡聡、中原麻衣、佐藤拓也、北川里奈 ◆ゲスト 木原浩勝 ◆料金 各回 前売4,500円 当日5,000円(酒肴代込) 未成年割引きチケット 3,000円(酒肴なし) ◆チケット取扱 ・松江市総合文化センター プラバホール:窓口、電話、インターネット ・プレイガイド: [松江市]島根県民会館チケットコーナー、井上楽器店、タカキ楽器店、今井書店グループセンター店スタジオワンダー、 [出雲市]今井書店出雲店、大島屋楽器店 [米子市]アルテプラザ(米子しんまち天満屋4階)、らぱん ◆問い合わせ先 松江怪喜宴実行委員会(松江市観光文化課内) 電話:0852-55-5214 ◆詳しい情報 https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/events/201701-12/201709/matsue_kaikien.html 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
3
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 3 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) 1:00 PM
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) @ 洞光寺
9月 3 @ 1:00 PM
声優で松江観光大使の茶風林氏が企画演出する怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会。東京公演はチケット販売 開始と同時に完売する大人気イベントで、地方公演は「怪談のふるさと松江」でのみ開催されています。 キャストにはアニメや映画の吹き替えで活躍中の6名の人気声優が集い、最高の声と演技で皆様にお届けします。 今年のお酒は、地元松江の王祿酒造の日本酒。美味しい日本酒とおつまみと共に木原怪談・小泉八雲の世界をお楽しみ ください。 ◆日時 2017年9月2日(土) 第1回18:30(受付18:00-) 2017年9月3日(日) 第2回13:00(受付12:30-) 第3回18:30(受付18:00-) ◆会場 洞光寺(島根県松江市新町832) ◆企画・演出 茶風林 ◆出演 茶風林、伊藤美紀、鶴岡聡、中原麻衣、佐藤拓也、北川里奈 ◆ゲスト 木原浩勝 ◆料金 各回 前売4,500円 当日5,000円(酒肴代込) 未成年割引きチケット 3,000円(酒肴なし) ◆チケット取扱 ・松江市総合文化センター プラバホール:窓口、電話、インターネット ・プレイガイド: [松江市]島根県民会館チケットコーナー、井上楽器店、タカキ楽器店、今井書店グループセンター店スタジオワンダー、 [出雲市]今井書店出雲店、大島屋楽器店 [米子市]アルテプラザ(米子しんまち天満屋4階)、らぱん ◆問い合わせ先 松江怪喜宴実行委員会(松江市観光文化課内) 電話:0852-55-5214 ◆詳しい情報 https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/events/201701-12/201709/matsue_kaikien.html 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) 6:30 PM
怪し会 八雲:怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会(松江怪喜宴4) @ 洞光寺
9月 3 @ 6:30 PM
声優で松江観光大使の茶風林氏が企画演出する怪談朗読を肴に旨い日本酒を舐める会。東京公演はチケット販売 開始と同時に完売する大人気イベントで、地方公演は「怪談のふるさと松江」でのみ開催されています。 キャストにはアニメや映画の吹き替えで活躍中の6名の人気声優が集い、最高の声と演技で皆様にお届けします。 今年のお酒は、地元松江の王祿酒造の日本酒。美味しい日本酒とおつまみと共に木原怪談・小泉八雲の世界をお楽しみ ください。 ◆日時 2017年9月2日(土) 第1回18:30(受付18:00-) 2017年9月3日(日) 第2回13:00(受付12:30-) 第3回18:30(受付18:00-) ◆会場 洞光寺(島根県松江市新町832) ◆企画・演出 茶風林 ◆出演 茶風林、伊藤美紀、鶴岡聡、中原麻衣、佐藤拓也、北川里奈 ◆ゲスト 木原浩勝 ◆料金 各回 前売4,500円 当日5,000円(酒肴代込) 未成年割引きチケット 3,000円(酒肴なし) ◆チケット取扱 ・松江市総合文化センター プラバホール:窓口、電話、インターネット ・プレイガイド: [松江市]島根県民会館チケットコーナー、井上楽器店、タカキ楽器店、今井書店グループセンター店スタジオワンダー、 [出雲市]今井書店出雲店、大島屋楽器店 [米子市]アルテプラザ(米子しんまち天満屋4階)、らぱん ◆問い合わせ先 松江怪喜宴実行委員会(松江市観光文化課内) 電話:0852-55-5214 ◆詳しい情報 https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/events/201701-12/201709/matsue_kaikien.html 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
4
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 4 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
5
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 5 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
6
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 6 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
7
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 7 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
ティン・ホイッスル講座 7:00 PM
ティン・ホイッスル講座 @ 島根県立大学短期大学部松江キャンパス 3号館1階 視聴覚室
9月 7 @ 7:00 PM – 9:00 PM
 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
8
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 8 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
9
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 9 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
アイルランド文学トーク Two Hearts Beat As One.―個人の中に見るその国の魅力 2:00 PM
アイルランド文学トーク Two Hearts Beat As One.―個人の中に見るその国の魅力 @ 小泉八雲記念館 2階 多目的スペース
9月 9 @ 2:00 PM – 3:30 PM
アイルランド文学トーク Two Hearts Beat As One.―個人の中に見るその国の魅力 @ 小泉八雲記念館 2階 多目的スペース | 松江市 | 島根県 | 日本
※小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド:ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」関連イベント 日時:2017年9月9日(土)14:00-15:30(受付13:30) 会場:小泉八雲記念館 2階 多目的スペース(島根県松江市奥谷町322) 講師:伊達淳(翻訳家) 定員:35名 料金:参加無料(要参加申込) 申込先:小泉八雲記念館 phone: 0852-21-2147 fax: 0852-21-2156 e-mail 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
10
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 10 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
11
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 11 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
12
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 12 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
13
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 13 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
14
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 14 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
15
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 15 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
16
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 16 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):ティン・ホイッスル 2:00 PM
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):ティン・ホイッスル @ はらぶんパピロ21 2階
9月 16 @ 2:00 PM – 4:30 PM
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):ティン・ホイッスル @ はらぶんパピロ21 2階 | 日本
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ) 日時: [ティン・ホイッスル]2017年9月16日(土)14:00-16:30 [フィドル]2017年9月17日(日)10:00-12:30 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 聴講料:各1,500円 マイキー・オシェイのLive & Session 日時:2017年9月16日(土)19:00(18:30開場) 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 参加費:2,000円(1ドリンク付き) 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
マイキー・オシェイのLive & Session 7:00 PM
マイキー・オシェイのLive & Session @ はらぶんパピロ21 2階
9月 16 @ 7:00 PM
マイキー・オシェイのLive & Session @ はらぶんパピロ21 2階 | 日本
マイキー・オシェイのLive & Session 日時:2017年9月16日(土)19:00(18:30開場) 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 参加費:2,000円(1ドリンク付き) マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ) 日時: [ティン・ホイッスル]2017年9月16日(土)14:00-16:30 [フィドル]2017年9月17日(日)10:00-12:30 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 聴講料:各1,500円 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
17
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 17 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):フィドル 10:00 AM
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):フィドル @ はらぶんパピロ21 2階
9月 17 @ 10:00 AM – 12:30 PM
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ):フィドル @ はらぶんパピロ21 2階 | 日本
マイキー・オシェイによるレッスン(グループ・ワークショップ) 日時: [ティン・ホイッスル]2017年9月16日(土)14:00-16:30 [フィドル]2017年9月17日(日)10:00-12:30 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 聴講料:各1,500円 マイキー・オシェイのLive & Session 日時:2017年9月16日(土)19:00(18:30開場) 会場:はらぶん パピロ21 2階(島根県松江市白瀉本町21) 参加費:2,000円(1ドリンク付き) 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
18
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 18 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
19
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 19 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
20
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 20 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
21
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 21 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
ティン・ホイッスル講座 7:00 PM
ティン・ホイッスル講座 @ 島根県立大学短期大学部松江キャンパス 3号館1階 視聴覚室
9月 21 @ 7:00 PM – 9:00 PM
 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
22
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 22 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
23
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 23 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
アン・バリントン大使による講演―日本・アイルランド外交関係樹立60周年に寄せて 7:00 PM
アン・バリントン大使による講演―日本・アイルランド外交関係樹立60周年に寄せて @ 小泉八雲記念館 2階 多目的スペース
9月 23 @ 7:00 PM – 8:30 PM
アン・バリントン大使による講演―日本・アイルランド外交関係樹立60周年に寄せて @ 小泉八雲記念館 2階 多目的スペース | 松江市 | 島根県 | 日本
※小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド:ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」関連イベント 日時:2017年9月23日(土)19:00-20:30(受付13:30) 会場:小泉八雲記念館 2階 多目的スペース(島根県松江市奥谷町322) 講師:アン・バリントン(駐日アイルランド大使) ※日本語通訳つき 定員:40名 料金:参加無料(要参加申込) 申込先:小泉八雲記念館 phone: 0852-21-2147 fax: 0852-21-2156 e-mail ※大使のスケジュールの都合により中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
24
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 24 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
第51回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト/スペシャルステージ「アイルランドに旅する。」 10:10 AM
第51回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト/スペシャルステージ「アイルランドに旅する。」 @ 松江市総合文化センター
9月 24 @ 10:10 AM – 5:30 PM
第51回ヘルンをたたえる青少年スピーチコンテスト/スペシャルステージ「アイルランドに旅する。」 @ 松江市総合文化センター | 松江市 | 島根県 | 日本
◆日時 2017年9月24日(日)10:10-17:30 ◆会場 松江市総合文化センター(島根県松江市西津田6-5-44) ◆料金 観覧無料 ◆内容 ○9:30-10:00 受付 ○10:10-10:40 オリエンテーション(大ホール) ○10:50-15:00 スピーチコンテスト ジュニアの部:小・中学生(大会議室) シニアの部:高校生(大ホール) ○15:25-16:15 スペシャルステージ「アイルランドに旅する。」(大ホール) 「愛蘭土 音の旅日記」米山麻美(パイプオルガン) 、小泉凡(朗読) 「アイルランド体験記」葛尾真衣(島根県立松江北高等学校2年) ○16:30-17:30 表彰式(大ホール) ◆出場者の参加申込締切 8月28日(月) 必着 ◆出場者の参加申込・問い合わせ先 松江市観光振興部観光文化課文化係 電話:0852−55−5517 ◆主催 松江市、松江市教育委員会、八雲会 ◆後援 アイルランド大使館、一般財団法人日本国際協力センター、山陰日本アイルランド協会、新宿区、熊本市、焼津市、山陰中央新報社、朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、共同通信社松江支局、時事通信社松江支局、NHK松江放送局、TSK山陰中央テレビ、BSS山陰放送、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン、小泉八雲記念館 ◆詳しい情報 http://yakumokai.org/12564 http://www1.city.matsue.shimane.jp/bunka/bunka/speech.html共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
25
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 25 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
26
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 26 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
27
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 27 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
28
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 28 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
29
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 29 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
Irish Music Session 7:00 PM
Irish Music Session @ ホテルクヌート松江駅前
9月 29 @ 7:00 PM – 10:00 PM
 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
30
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 8:30 AM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館
9月 30 @ 8:30 AM – 6:30 PM
小泉八雲記念館企画展「文学の宝庫アイルランド: ハーンと同時代を生きたアイルランドの作家たち」 @ 小泉八雲記念館 | 松江市 | 島根県 | 日本
日時:2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日) 会場:小泉八雲記念館 1階 展示室3(島根県松江市奥谷町322) ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。 2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。 侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。 主催:小泉八雲記念館 共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会 協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)、富山大学 後援:駐日アイルランド大使館、山陰日本アイルランド協会 共有:Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして Twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Tumblr で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして LinkedIn で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pinterest で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Pocket でシェア (新しいウィンドウで開きます)Skype で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして Reddit で共有 (新しいウィンドウで開きます)クリックして友達へメールで送信 (新しいウィンドウで開きます)クリックして印刷 (新しいウィンドウで開きます)いいね:いいね 読み込み中...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。