鶴岡真弓オンライン講演会「ケルト・アニメ3部作にみる自然信仰―イェイツ兄弟の芸術と共に」

PDFファイル(773KB)

トム・ムーア/ノラ・トゥーミー監督作品『ブレンダンとケルズの秘密』(2009)
[提供]チャイルド・フィルム


アカデミー賞、長編アニメ部門候補の常連となった、アイルランド発、トム・ムーア監督のアニメーション「ケルト三部作」。そこに描かれるケルトの「自然信仰」や「生命循環」の思想が、いま世界の人々に共感を呼んでいます。
19世紀末からの「ケルト文芸復興」のイェイツ兄弟の芸術にも遡り、「生きとし生けるもの」と共存する新時代へ向けての私たち人類の道を探ります。


日時:2021年9月26日(日)14:00-16:00
形式:オンライン(Zoom)聴講
料金:参加無料
定員:100名
主催:山陰日本アイルランド協会


鶴岡真弓


つるおか・まゆみ:
多摩美術大学・芸術人類学研究所所長、大学美術館館長。
早稲田大学大学院修了、ダブリン大学留学。
専門はケルト芸術文化、およびユーロ=アジアの生命表象交流史。
[主著・主訳書]

  • 『ケルト再生の思想:ハロウィンからの生命循環』(ちくま新書)
  • 『ケルト装飾的思考』(ちくま学芸文庫)
  • 『芸術人類学講義』(編著/ちくま新書)
  • 『装飾する魂』(平凡社)
  • 『対談集:ケルトの魂』(平凡社)
  • 『ケルトの歴史』(共著/河出書房新社)
  • 『ケルトの想像力』(青土社)
  • 『阿修羅のジュエリー』(イーストプレス)
  • セリグマン『装飾文字の世界』(三省堂)
  • ミーハン『ケルズの書』(創元社、岩波書店)
  • ディレイニー『ケルトの神話・伝説』(創元社)
  • マイヤー『ケルト事典』(監修/創元社)……ほか多数

参加申込

確認事項

  • ・Zoomを初めてお使いになる方は、あらかじめサインインをお済ませください。
  • ・お申し込み終了後、受付確認メールが届きます。開催日が近づきましたら改めてリマインドメールをお送りします。
  • ・個人情報の取り扱い:オンライン受講のために必要な範囲内で適正に個人情報を取扱うとともに目的外利用はいたしません。

情報倫理上の申し合わせ事項

  • ・受講希望者は、以下の情報倫理上の申し合わせ事項を遵守することに同意してください。
  • ・Zoom ミーティングに関するURL、ID やパスワードを主催者の許可なく第三者と共有しないこと。
  • ・講演の一部または全部を録音したり録画したりしないこと。
  • ・受講中は各自のデバイス名が受講者間で共有されることに同意すること。(個人情報を含むデバイス名は、受講の際に個人情報を含まないものに変更してください。)
  • ・受講者間でのチャット機能の利用をしないこと。
  • ・その他、講演の正常な進行を故意に妨げることをしないこと。

上記事項をご了承いただき「申請フォーム」より必要事項を記入の上お申し込みください。

申請フォーム

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZMrc-mrpzkrGdxsyHQDAFnkNriFjwjycJIE

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。