2021年6月21日
から 事務局

役員の交代について

2021年5月書面にて開催しました2021年度定期総会の承認を経て、山陰日本アイルランド協会の役員が以下の通り交代しましたので、お知らせいたします。

会長
酒井康宏(元米子工業高等専門学校教授)
副会長
出口顕(島根大学法文学部教授)

 ↓

会長
出口顕(島根大学法文学部教授)
副会長
鴨井八郎
顧問
酒井康宏(元米子工業高等専門学校教授)

2021年3月19日
から 事務局

会報『コージャス』第26号全文公開(7)酒井康宏さん「アイルランドの魔法で「禍」を「金」に、というストーリーテリング」/豊田耕三さん「変えられるもの、変えられないもの」

会報「コージャスCarideas26号」デジタル版
続いての記事は、この2本です。

会長・酒井康宏からの「アイルランドの魔法で「禍」を「金」に、というストーリーテリング」。
コロナに打ち克つためにも、免疫力を高めましょう♪

Pub Matt Molloy’sでの著者とMatt Molloy氏らのセッション

アイリッシュフルート奏者として、国内外で活躍する豊田耕三さんの「変えられるもの、変えられないもの」。
・・・本来目の前にあって欲しいリアクションが、コミュニケーションが、コミュニティがごっそりと抜け落ちている。これこそが自分が長い間しがみついてきたものであり、どれだけ新しい生活様式を叫ばれようと欠くことができない核なのだろう。やはり直接人とふれあって踊り、狭いところでギュッとなって演奏する喜びに浸りたいのである。(本文より).

2021年3月1日
から 事務局

コージャス 第26号


PDFファイル(1.6MB)

※本号の全文を公開しています。ただし、紙の会報(本会会員に配付)に限り公開している画像があります。ご了承ください。

2021年2月25日発行


特集 COVID-19の時代を生きる



続きを読む →

2020年2月25日
から 事務局

コージャス 第25号

2020年2月25日発行

  • ギネスの話—緑の島の黒い魅力  山下直子

創立25周年特集 山陰日本アイルランド協会と私

  • 日愛協会会長として、でもまだ夢は尽きません… 酒井康宏
  • 目に見えないものを活かす時代—本会25周年をふりかえって  小泉凡
  • 山陰日本アイルランド協会と私  出口顯
  • アイルランドとともに25年を歩む  小泉祥子
  • ごちそうさまです  大月美香
  • アイルランドとの出会い  富井裕子
  • キョール・アガス・クラックの2019年の活動  福賴聡子
  • 県立大学ティンホイッスルサークル  永井三千
  • アイルランド文学読書会の活動について  横山純子
  • 25年物のお財布  小倉佳代子
  • 会報デザインの楽しみ  石川陽春

  • アイルランドのラグビー事情—ワールドカップによって変貌するラグビー界  鴨井八郎

  • 新企画いっぱい! アイリッシュ・パブ復活! 写真でふりかえるアイリッシュ・フェスティバル in Matsue 2019
  • アイリッシュ・フェスティバル in Matsue 2020(予告)
  • 2019年の活動
  • 今後の予定
  • 酒井康宏会長出演「小泉八雲と鳥取県」動画
  • 編集後記

酒井康宏会長出演『米子高専知的セミナー』「小泉八雲と鳥取県」全3回の動画

2019年12月18日 から 事務局 | 0件のコメント

鳥取県米子市のCATV局、中海テレビ放送の番組『米子高専知的セミナー』で、8月から10月にかけて放送された「小泉八雲と鳥取県」全3回の動画が、番組を企画した鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会のYouTubeチャンネルで公開されています。
講師は米子工業高等専門学校教授でもある酒井康宏会長。各回の後半ではアイルランド音楽の演奏を交えたおはなしもあります。

2018年2月13日
から 事務局

コージャス 第23号

2018年2月12日発行

日本・アイルランド外交関係樹立60周年


2017年7月5日
から 事務局

役員の交代について

2017年5月28日に開催しました平成28年度定期総会の承認を経て、山陰日本アイルランド協会の役員が以下の通り交代しましたので、お知らせいたします。

会長
内藤守
副会長
酒井康宏(米子工業高等専門学校教授)
監事
長岡真吾(福岡女子大学国際文理学部教授)

 ↓

会長
酒井康宏(米子工業高等専門学校教授)
副会長
出口顕(島根大学法文学部教授)
監事
富井裕子
顧問
内藤守
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。